2020年9月21日月曜日

9/21  遊漁船の釣行報告

今日は いつものSさんご夫妻 秋田の三沢さん
初乗船の弘前からお出での真野さん
今日は釣り日和の予定
予報を見ても快晴 雨具は要らないかな。。。
しかし
雨男が乗船します
まさか快晴の予報で雨は降らないだろうな。。。

5時出航
西の空が真っ黒
水平線の空が稲光
そのうち雨が降り始めました
やはり 三沢さん 雨男だったのですね。。。
勝率9割 素晴らしい!
それでも魚の食いは まずまず
真鯛 青物 カサゴ 釣れまして
12時終了しました

本日のトピックスは
Sさんの奥様
前半はそんなに釣れていなかったのですが
どこも釣れなくなって
最後の浅場
オバルの蛍光ピンクに変更後
怒涛の入れ掛かり
なんと10連荘
入れたとたんヒット!
周りはぽつぽつしか釣れていませんでしたが
皆さんびっくり仰天
色の違いで食いが変わるんですね
皆さん目からウロコ状態

最近はオバルもメタリックが主流ですが
以前はパールホワイト 蛍光グリーン 蛍光ピンクが
主流でしたよ
この三種類の使い分けが釣果を変えました
Sさん夫婦は昔から遊漁船に乗っていたので
色々なオバルを今でもっています
このため色を変えることができたのです
今回は仕掛けの色の重要性を お話ししました

先月今年は農作物の盗難が増えそうですとお話ししましたが
今日 茨城県で 米3.6トンが倉庫から盗まれたそうです
倉庫には鍵も掛けておらず
どういう風に盗んだのかも謎のようです
プロは下見をしっかりしているのです
倉庫に現物があるのか
犬などいるのか
自宅から離れているのか
全部下見をしているはずです
これからもっと増えるはずですので
米 リンゴ その他の農作物は
しっかり管理してください





真野さん


Sさん


真野さんの釣果
見たことのない魚が釣れました
ベラのようで
メスのコブダイのようで
上と下のヒレには黒い模様があり魚の側線あたりに
幅の広いラインがある
クリーム色の魚です





三沢さんの釣果


Sさんご夫妻の釣果


私の釣果

 

2020年9月18日金曜日

9/21 9/22 予約募集

 アオリイカの予定でしたが 先日夜やったところ

サイズがまだ小さく 船の電気にはかなりの数集まりましたが

餌木には反応せず 1匹も釣れませんでした

そのためアオリはまだ早いので夜釣りは中止になりました

浅場で大物真鯛が釣れていますので

朝5時出航で 真鯛 サビキ カサゴ釣りに切り替えます

天気もよさそうですのでチャンスです

いかがでしょうか

2020年9月16日水曜日

9/16  真鯛が釣れ始めました!!

釣り漁師仲間が釣って来ました
朝から9時ころまでの釣果です
真鯛は80cm 7kgほど
そのほかには30cm~60cm真鯛が数枚
メバル カサゴ イナダ
サビキに食い始めたようです
そんなに深場ではないようですので楽しみです

長期予報では週末微妙ですね
先日 夜明け前2時頃からアオリをやりましたが
船の周りにはサバが集まり
アオリも10cmほどのものがかなりの数集まりました
餌木には全く反応せず
まだ早いような感じ
朝から真鯛を狙ったほうが面白いかもしれません
予約の空きありますのでチャンスです
アオリは来週末あたりからよさそうな感じがしますね









 

2020年9月8日火曜日

9/8 アオリイカが釣れましたよ!

もうそろそろ アオリイカが釣れるかもしれないな。。。
明日やってみるかな。。。
朝4時30分
地平線が青くなりかけ
防波堤の輪郭がぼやけて見える
出航
 朝なのに27度もある 暑い
台風の余波なのか

目星を付けていたポイントに走る
釣れるか釣れないか
大きさは関係ない
釣れさえすれば今年はアオリの当たり年
一投目から釣れれば一安心する
しかし 現実は難しい

ひたすら しゃくるが 掛からない
まだ早いのか
それともアオリイカが浅場に入っていないのか
半信半疑でロッドをしゃくり続けた

竿に重みが伝わり
巻き上げると 今季初のアオリイカ
サイズは小さい コロッケ
とても嬉しい
そのあともすぐに 同じサイズを追加

夜が明けて明るくなると
全く釣れなくなる

暗いうちがチャンスのよう
まだ小さいので焦る必要はない
アオリはあきらめて
カサゴ釣り
ポイントがほとんど同じなので
仕掛けを変えるだけ
すぐに釣れて
カサゴは裏切らない

ポロポロ掛かり
5匹釣ったところで終了
とにかく暑い
8時終了しました

まだ明るいうちは難しいと思いますので
今考えているのは
夜の12時出航して
朝8時終了のパターンもあるかな
これなら
5時間暗いのでイカを狙い
夜明けから3時間 根魚 真鯛を狙う
暑くなる前に寄港するパターンが良いかと
思います
涼しくなって日中も釣れるのであれば
いつもの出航時間に戻しますが
皆さん アオリイカに興味がある人は
ご連絡ください
アオリは成長が早いので
今月の中旬過ぎれば
もう少し大きくいなっていると思います





 

2020年9月6日日曜日

9/6 遊漁船 暑い。。。でも カサゴが。。。

今日は 秋田からお越しの 皆さんご存じの。。。
雨男。。二人組
この二人で船に乗ると 必ず雨が降る
確率はおそるべし
9割
先週も予約いただきましたが
雨が前後に降っていないのに
予約日だけ大雨
さすがに中止にしました
そして珍しく今日は快晴 良かったですね。。。
二人にどちらが雨男か聞くと
自分では無いと言いはります
私の個人的な意見としては
二人で乗ると増幅するような感じ
しかし
雨は降りますが
この二人で乗ると釣れるのも確か

朝4時30分集合
暗い中 出航!
まずは 真鯛を釣りましょう。。。
水温が高すぎて 真鯛は釣れていませんが
朝一番チャンスがあります


   朝日が美しいが ヤマセがちょっと強い 

涼しくていいのですが。。釣りにくい

     そんな中 チャンスをものにした 

三沢さん 食べごろサイズのまずまずの真鯛ゲット

     このドヤガオ見てください

                              

                           負けじと 小田島さん

  真鯛は朝一番のこれ一匹とちび真鯛のみ

  しかしカサゴは裏切りません

  皆さんそれなりに数を増やし気が付けば まずまずの大漁

  カゴの釣果は小田島さんのものです

  見事でした!

青森県は台風の天気予報を確認して
無理をしないように出航したいで
今のところアオリイカは19日ころからよさそうな感じです
試し釣りをしてみてから釣れれば皆さんやりましょう
船のアオリ釣りは場所取りが無いのとポイントの真上で釣りの
餌木のロスがほとんどありません
リーズナブルな釣りですね
簡単ですが 技術の差が出る釣りですので
カサゴ釣りに似ているかもしれません
 

2020年9月3日木曜日

9/2 久しぶりに 一人釣行





先日 大きいマグロの跳ねがあり
釣り師の魂が動かされましたよ
そんなことで
道具を用意して
朝一番で出航
まずは 生餌を釣らなくてはいけません
鯵の反応は有りますが 食いません
結構粘りましたが
1匹も釣れず
ならば深場に
しかし ヤマセの風が強く釣りになりません
次にメバルの反応を探しますが
反応に入れても
食いません
厳しい釣りになりました

そのうち大きな反応にサビキを入れるとヒット!
イナダが何匹か掛かり
結局 針が伸ばされ
1匹取り込み
そのほかには手のひらチダイだけ
サビキもまだ早そう

こうなると何をやっても釣りにならず
裏切らない 。。。カサゴ
ポイントに向かい釣り始めます
入れ食いにはなりませんが
まずまずのヒット
カサゴは裏切りません

気温も上がってきたので
8時半
早めに終了しました

本日は プチ朗報!
先日 船の周りにミニコロッケ大のアオリイカが何匹か見えましたよ
昨日は防波堤の船に小さいアオリイカが船の電気に
よって来ました
今年はアオリイカがよさそうな感じです
大体 9月中旬頃から 10月いっぱいくらいが釣れます
始めのころは胴長コロッケくらいですが
みるみるうちに大きくなります
10月に入るとトンカツ大のモノも釣れますので
面白いですよ
釣り場はカサゴポイントとほぼ同じですので
チャンスですね
タックル 仕掛けは陸釣りのタックルと同じですので
ネットで勉強してください
船の場合 あまり風が強いと船が早く流れすぎますので
餌木に錘をつけるか
今はやりの餌木の上2mに錘をつける オモリグ?
調べると出てくるとおもいます
噂によるとちょっと深場に
剣先イカ ? ヤリイカ?も 入っているような噂
こちらは今はやりの錘スッテと浮きスッテの2本針で狙うと釣れるような話
砂場に入るとコウイカもいるようなので
イカ狙いで梯子も面白そうです
オモリグで餌木の深場釣りもできそうなので
アオリの仕掛けで何とかなるかもしれません
タックルは餌木ロッドにスピニング
PE0.4~0.6くらい
リーダー2号2m
これが私のタックルです

下の写真は以前釣れた時のものです









                        

                       カサゴは裏切りませんでした

 

2020年8月29日土曜日

8/29 遊漁船 暑かった!

今日のメンバーは 漆沢さん 工藤さん 岡元さん 3人で出航
天気予報を見るとかなり暑くなりそう 
水温も高く27.5度
津軽の海ではありえない水温
台風は海水温27度以上で発達しますが
これより低いとエネルギーが供給されないので
台風は弱くなります
日本海に台風が入って来ても
例年なら26度以下ですので
青森まで来る頃には台風は熱帯低気圧になり
被害は小さいのです
しかし
今年は運が良いことに
偏西風が弱いので
台風は韓国 中国に抜けて甚大な被害が出ているようです
偏西風が強くなれば 台風は日本海に入りますから
台風の勢力が衰えず
甚大な被害が予想されます
これからの季節
リンゴ コメなどの収穫が始まります
中国では洪水と干ばつで
作物が全滅しており
食糧不足が起きそうです
そのため
農作物の高騰が予想されます
農家にしてみれば 米の値段が上がることは嬉しいことですが
青森県にも台風が直撃すれば
被害が大きくなるはず
これを凌げれば良いのですが

個人的な予想ですが
農家では 収穫したコメや作物を 倉庫に入れておきますが
ほとんど鍵もかけていません
そのため 米 リンゴなどの盗難が頻発する可能性があります
日中下見をして
夜にトラックで乗り付け
一気に積み込みます
相手はプロですから
人数でアッというまに盗みます
こうなると 警備保障の会社と契約していても
この人たちが到着する前に
盗まれてもぬけの殻
警備保障の会社と契約していても
あまり役に立ちません
過信しないでください
農家の人たちは
今年は泥棒が多発する可能性が高いと思ってください
米もかなり高い相場になる可能性があります
作物には名前も書いていませんので
闇で転売すれば
捕まえることはできません
まずは 自己防衛
泥棒は必ず下見をしますので
部落に見慣れない人や車があったら
危ないかもしれません

4時半 出航 朝から蒸し暑い
まずは深場のジギングから
しかし食いません

その時
大きなマグロが目の前でジャンプ
これには
漆沢さん大騒ぎ
魚を見て
このタックルでは絶対無理
そうなんですよ
10kgくらいなら
1m前後ですから
何とか取れますが
これ以上になれば
それなりのタックルでないと取れません

イカの調査もあったので
久しぶりに80mラインまで移動
しかし反応もなく
30cmほどのウッカリカサゴが釣れただけ

ここもあきらめて
皆さんにカサゴやりますか?
二つ返事で「ハイ」素直でよろしい
釣れない魚を狙っても面白くありません

カサゴポイントに移動しますが
なかなか釣れません
皆さん
カサゴはいつでも釣れると思っているらしく
これがカサゴの難しさですよ
腕の差がはっきり出ますよ
それから皆さん
真剣にカサゴと向き合います
場所を移動しても食いません

上げ潮が終われば
干潮になれば釣れ始めますよ

船の上は風もなくなり 太陽が直撃
暑い!
水分も足りなくなりそう
普段の3倍持ってきたほうが良いです
何とか 2リットルペットを凍らせて
氷代わりにつかぅっているので
溶けた水を飲めますよ
こんな時のために 常にペットボトルを氷代わりにしているのです
皆さんの釣果は悲惨な状態
ジグで狙っている人は 坊主状態
何種類も変えても釣れない
私はオバルメタリックがあるので
ぽつぽつ釣ります
皆さん不思議そうに見ています
ジグはあきらめて
先日 初心者タックル
柚希バージョンを
皆さんに診てもらうと
真似をして作り始めました
そしてここから
今まで釣れなかった カサゴが食い始めました
ジグでがんばっていたのですが
釣りは釣れてナンボ
釣れた仕掛けが一番正しい
これが私の考え方 釣りは要らないこだわりは持たないほうがいいのです
ここから何とか釣れ始めて
皆さん
柚希タックルに感動
安くて 簡単で しかも釣れる
多分 今度来るときは
この仕掛けをいっぱい持ってくるでしょうね
シンプルだけど最強仕掛け
しかし
難点があるのです
カサゴ以外の魚はほとんど釣れない
オバルなら なんでも釣れるんですが
これだけは仕方ないですね

12時終了
この条件でこれだけ釣れれば大漁でしょうね

岡元さん



                           工藤さん




                            漆沢さん




       私の釣果 クーラーに2匹カサゴが入っていたのを忘れていました
                     2匹追加で カサゴ14匹ですね
       これから水温が1度でも下がり始めると 一気に魚が動き出します
         サビキ釣りも面白いので初心者さんも楽しめると思いますよ




2020年8月24日月曜日

8/23  神頼みに行ってきたよ!

今日は遊漁船の予約も入っていないので
平川市の猿賀神社に行くことに

ここの神社には漁師の神様
胸肩神社があるのです
皆さんお参りに来ていますが
なんの神様か分からないで お参りしているのでしょう
それほど漁師が来ているとは思えません
ならば。。。。。ということです
ハイ!。。。
競争率が低いはず
今回は賽銭も少し奮発して
神頼み

そのあと 妻と2人の蓮の花写真コンテスト開催
敗者はスシローの飲食代を払うことで決定



これが勝者の蓮の花 きれいでしょう
ははははっは

そして。。。すぐに神頼みの効果が。。。
なんと!
昨日乗船してくれた 今井さんご家族
帰り際に見慣れた車が。。
よく見ると
なんと!
今井さん
向こうもびっくり 私もびっくり
地元だったのでした
車の中から
柚希ちゃんが手を振っています
可愛いですね

この後は 平川の産直センターで掘り出し物探し

遅い昼食で
スシローに移動

今日は神頼みしたので
ここまで良いことが2回
ということは。。。
もう一回何かあるはず

最近 萬屋で掘り出し釣り具を探すのが楽しい
近くにある萬屋に行きましょう

釣り具コーナーを物色
初めからジャンク探しですから
予算は3000円以下
ロッドコーナー
隅々まで値段を確認すると。。。
一瞬 目を疑いましたよ
桁が間違っているのか
何回見ても一桁違う
ジャンクロッド
ほとんど傷もなく 新品状態
竿先10cm折れで泣く泣く売ったのでしょう
しかし
私はこの状態のロッドを治す技がありますので
即買い

今日三回目の神様のご加護 ありがとうございました
竿は
メジャークラフトメバリングロッドですね

トリプルクロスTCX-T-762ML
ネットで新品で送料別で13000円ほど

これをなんと。。。1980円


家に帰って来てからすぐに 修理開始!

3番ガイドから折れていました20cmほど短くなったものですね

普通の人ならば折れたところにトップガイドをつけて修理するでしょうが

私は元の長さに戻す技があります

竿のきれっぱしを取っているので よさそうなものを合わせます

今回はチューブラーの竿なので穴に入る竿を探します

ちょうど ソリッドの竿先がありましたので

穴に入るように削り 補修

新品より少し短くなりましたが

2番のガイドを少しずらして修理完了






 この竿はレンタルでは使いません

スピニングをつけて エギングと一つテンヤで使う予定です

ロッドは中古で買っても送料が2000円近くしますので

リールはネットで中古を探しますが

竿はリサイクルセンターで掘り出し物を探すので最近楽しみになって来ていますね

やはり神様のおかげです ありがとうございました


2020年8月22日土曜日

8/22 遊漁船 カサゴ初体験。。。やりましたよ

今日は弘前市の五十嵐さん
同僚の今井さんご家族3人
4人での出航ですよ

釣り初体験の小学生の柚希さん
高校生の柊斗君

果たして釣れたでしょうか
今日の希望は
朝一 真鯛 青物
そのあとカサゴとの話
4時半出航 真鯛ポイントに向かいます

しかし反応は有りますが 全く食いません
ジグで釣っていた柊斗君に小さい真鯛ヒット
魚は居るんですが食いません
ほとんど釣れないので
漁礁に移動
大きな反応を見つけ 釣り開始!
今井さんにヒット!
結構大物。。。
中層まで上げると 針外れ
すぐに落とし込むと またもやヒット!
そしてまたもや針外れ
大物だったのに。。。残念

ここでもウッカリカサゴ1匹のみ

浅場でカサゴ 真鯛 青物を狙いましょうか

いつものポイントに移動
しかし掛かりません

そのうちポツリポツリ カサゴが掛かります
柚希さんに大物ヒット!
やっと巻き上げて
水面にワラサ
網を入れようとしたら 針外れ
これも残念

めぼしいカサゴポイントを回るも
たまに掛かるくらい
かなり厳しい
水温26.5度根魚は限界水温

それほど皆さん数を稼げず
船長元気なし
10時も回り 魚の食いも下がり始めます

思い切って 何年か前に今の時期大漁した記憶のポイントに
移動
ここから 怒涛の入れ食いが12時終了まで続きました
皆さん 大騒ぎ
子供たちも大喜び



柊斗君


今井さん お父さん






五十嵐さん



柚希さん





今井さんご一家の釣果

 

柊斗君 柚希さんも「また やりた~い」 嬉しいお言葉

五十嵐さん 私も それなりの釣果 私は子供たちの仕掛けのサポートをしていたので

それほど釣りにはなりませんでしたが

レンタルロッド 仕掛けの試しをしてもらい 子供たちにもカサゴが簡単に釣れることを確認

仕掛けもシンプルで安価 先日の英士君に続いて 小学生釣り師が目覚ましい活躍

次に挑戦する子供たちお待ちしております


2020年8月19日水曜日

レンタルロッド始めました

超初心者に朗報です!!

手ぶらでカサゴ釣りができます
魚を入れるクーラーに氷があれば
釣りができますよ

ロッドは一日 1000円
カサゴ仕掛けと餌は1000円
乗船料6000円
合計8000円でカサゴ釣りができます

根掛かりが多いので
オバルは使いませんが
マル秘仕掛けで釣れるのが分かったので
根掛かりしても大丈夫です
初心者ですと10個くらいは仕掛けをロスしますので
1000円は破格の料金です

タックルはお盆中リサイクルセンターを回り
バスロッドの安いのを見つけて
竿尻を伸ばして加工して
海釣り用にしました
リールもネットでひと昔前の高いリールを探して
海釣り用にハンドルを変えています
中古のモノですので
もしも壊しても海に落としても
それほど高額の請求はしませんので大丈夫です

これと同じものの新品ですと
2~3万円はしますので
使うほうも気を使いますよね


リールはアブのレボ  アブ プロマックス  ダイワ一流メーカー
竿もダイワやシマノ アルファタックルなどで国産ですので
使いやすいですよ
もともとはブラックバス用の竿ですので
モノは良いです
お気軽にお問い合わせください









 

2020年8月10日月曜日

8/10  遊漁船 夏カサゴ好調

前日までの予報が芳しくない
中止も考えましたが
ギリギリまで待ってもらって
出航することに
今日は Sさんご夫婦
長谷川さん親子
長谷川さんは超初心者
春にカレイ釣りで大漁した瑛士君小6
今回も私の最年少の弟子はやってくれるか?

4時出航
沖は ウネリがかなり強い
ポイントに着いて
釣り開始!
長谷川さんヒット! 生まれて初めての カサゴ


そして 瑛士君 


この後 長谷川さん親子船酔いで一時休戦
Sさんから酔い止め薬をもらい休憩後
釣り開始
ここから私の弟子の瑛士君 入れ掛かり状態
釣れると私を見て
どや顔
可愛いですよ
11時半終了
何とか天気が持ちましたよ
下の釣果は
初めてのカサゴ釣りの長谷川さん親子
超初心者でもこれだけ釣れるんですよ
師匠が良ければ 釣れるんです
やはり
素直な瑛士君は上達が早い
邪念が多い大人には掛かりません



こちらは Sさんご夫婦


籠は私の釣果
初心者さんはすべて私任せ
レンタルロッド リール 仕掛け 餌
持ってきたものはクーラーボックスだけ
魚を外すのも 悪戦苦闘
根かかり連発
そのたびに2人分の仕掛け作り
ほとんど釣りになりませんでしたが
まずまずの釣果
船釣り2回目 釣り道具一切なし
これだけ釣れれば最高でしょうね
夏休みの思い出ができましたね

 

2020年8月7日金曜日

8/7 待望の大荒れ

台風4号が韓国 中国を通過して日本海に入り今日の朝
鯵ヶ沢沖に入りましたこの後 北海道に移動の予定
風向きが南西ですのであまり鯵ヶ沢は影響がありませんが
沖合は大荒れのはず
久しぶりに海が荒れて魚は大喜び
チャンス到来
多分浅場の真鯛 青物が食い始めると思います
先日まで サビキに反応しなかった
メバル イナダ 真鯛 鯵などサビキに食いつくと思います
面白い季節の到来

明日は予約入っていたのですが中止にしました
風は弱く釣り日和ですが波の予報を見ると2.5m 風向きが 南と 東ですの
予報よりは弱いと思いますが 大きいうねりが予想されます

長期の10日間予報を見ると8/17まで風が強くすべての日で中止になりそうです
天気予報は変わりますので 予約 ご連絡くださいませ

鮎釣りは非常に悪いです
昨日も水量が増えていたのですが
無理して入りました
ルアーで囮鮎を狙いますが3時間ゼロ匹
かなりの距離歩きました
どうなっているのか思考回路爆発状態
場所を変えて
何とか小さい鮎が掛かり
釣りますが活き鮎ですら掛かりません
何とか4匹釣りましたが
型が良くありません

まともなのは1匹だけ
今日は川が増水 10時現在で 平水+67cmですね
こうなるとどこも釣りになりません
風も強いので竿を持っていられませんね

少し川の苔を流してくれれば鮎も活性すると思いますが


2020年8月4日火曜日

8/4 現在の赤石川鮎釣り

遠くから来る人たちもいるでしょうから
現在の赤石川の状態です
はっきり言ってダメです
渇水気味で苔も腐り始めて
鮎が追いません
ポイントも狭まり釣り人が入れ替わり立ちかわり
釣れるべき鮎が抜かれてしまっています
釣れてくるのも小さい鮎ばかり
そんな状態です
今日も午後から鮎釣りに行きましたが
強風で釣りにならない
ルアーで囮鮎を狙いますが全く掛からない
たまに小さい鮎が掛かると
今度は風が強く 引き抜きをすると凧揚げ状態で
魚が降りてこない
そのうち外れて終了
これが何回かありました

竿抜けが無い状態です
一雨降って少し苔を飛ばしてくれれば
状況が変わるかもしれませんが
現在の状態はかなり厳しいですね

結局 3回場所を変えて 囮鮎取れず
3時半帰ってきました

そういうことですので
覚悟の上 鮎釣りをしてください


2020年8月3日月曜日

ドローンで空撮

船のお客さんがドローンで空撮してくれました






8/2  遊漁船 浅場で色々釣れ始めました

今日の乗船は東京からお越しの三上さん 
鰺ケ沢出身で帰省中

珍しく 一人乗船
私も骨休み 先週までは何日も出航
さすがに疲れますよ
一人で出航するのとは違いお客様がいると
精神的に疲れます
今の時期は鮎釣りもやっているので
下半身がガタガタ
腰は痛いし足のフクロハギはパンパン
足だけ見ればアスリート並みの筋肉
好きなことをやって疲れるなんて贅沢ですよ

(たしかに。。。。)
ストレスは全くないですね

遊漁船に乗る人は 魚を釣るのも一つですが
非現実を求めて
ストレス発散が目的の人が多いかもしれません

船に乗る人たちは職業も様々で十人十色
釣れない時間 が来ると
色々な話をしますね

遊漁船は接客業ですので
銀座のママのような誰にでも会話ができるような雑学が必要です
私の場合 色々な仕事も経験したので
どんな人でも話をすることができます
アルバイトも含めると
大まかに分けると
飲食業
医療関係
建築土建業
公務員関係
漁業
農業
小売業
海外貿易
製造業
宝飾業
電気関係

ほとんどの職種の人たちと会話ができます
そのほかには
趣味の世界もほとんど経験しているので
深くはやっていないものもありますが
ピアノ
ギター
油絵
将棋
囲碁
麻雀
トランプ花札
パチンコ
スキー
スノーボード
素潜り
キャンプアウトドア
車関係
バイク
生け花
ガーデニング
パソコン
ゴルフ
料理

まだまだありますがきりがないので割愛します
深くはないですが 広く浅く
知識はありますので
誰とでも会話ができますね
その中でも
釣りは

船釣り
渓流釣り(餌 ルアー フライ)
鮎釣り
磯釣り(クロダイ)
海 ルアー釣り

ワカサギ釣り
やっていないのが
ブラックバスとヘラブナ釣り
食べれない魚の釣りはやりませんね

本気で遊漁船をやるとなると
魚を釣らせるだけでなく
話を聞いて的確に返答する知識があると
船長に対する信頼度が増すと思います
今までいろいろな商売を経験して
今の遊漁船のポリシーができました

他の船がやっていないスタイルの遊漁船(ロックフィシング)
これには理由があります
鯵ヶ沢沖は陸から水深50mラインは ほとんど岩礁地帯
赤石漁港沖から車力漁港沖までが
鰺ケ沢漁協の管轄海域
距離にすると
海岸線 30kmほどあり 水深50m以内は
岩礁とカベ状の岩盤
沖合3km×30km
これらのエリアがすべてロックフィシングの釣り場になります
このエリアのポイントは ほとんど細かく 情報がありますので
時期に応じて ポイントを変えることができます

このようなことから
商売の鉄則
誰もやっていない(ロックフィシング専門遊漁船)
エリアに競争相手がいない
土地の利(真似しようとしても広大な岩礁地帯が無い)
これにリピートが多いこと
京都での老舗になると
イチゲンさんお断り
ありますよね
何故か・・・
飛び込み客はほかの店にも飛び込むので
商売が安定しないのです
遊漁船は特にこれが謙虚に出ます
ほとんどの船は常連さんがいて
この人たちが知り合いを連れてきて
ネズミ算式にお客さんが増えますが

しかし 魚を釣らせてくれない
高慢な船頭
船にトイレが無い
船が汚い
話が面白くない

お客さんはこれらに当てはまる船から離れていきます
最近感じていることは
お客さんはネットやテレビで
最先端の釣りを勉強しています
船頭がこれに対応していないと
「あの船頭は 30年前の釣りしかやらせてくれない」
そんなことになります
年配のお客さんを相手にするのであれば
それでも良いのでしょうが
若いお客さんが増えなく
お客さんが年々歳をとり 尻すぼみになります

年配のお客さんでも
若い人のまねをしている人なら良いですが
タックルも30年前のまま
釣りも昔の釣り方のまま

そんな釣り人は そのうち乗る船が無くなります
仕立ての船で皆さん同じ釣りをするのなら良いのでしょうが
乗合船になると
仕掛けも違う ポイントも違う
タックルも違う
やはり乗る人も最先端の釣りに自分も合わせないと
乗船拒否されてしまいます

そのため 同じような釣りをする人たちが
常連になるのだと思いますね

雑話はこれまでにして

4時出航
真鯛を釣りたいとのことで
真鯛ポイントに走ります
しかし潮が異常に早い
釣れないのと釣りにくいので浅場に移動

カサゴのポイントでも潮が早く釣りにくい
そのうち三上さんにヒット!
オバルクリーンになんと真鯛が
カサゴ狙いで真鯛が釣れる季節になりました
何故かグリーンのオバルは
真鯛に相性が良いのです





そのほかに40cmアイナメも釣れ
今度はカサゴの釣り方を伝授
始めのうちは私が入れ掛かり
不思議そうにしています



慣れてくるとカサゴが釣れ始めて
12時終了
下の釣果は私の釣果
青物も50cmほどになり
食べても美味しくなりました
これからの釣りの予定は
サビキ釣りと一つテンヤの釣りをやろうと思います
真鯛なら一つテンヤが面白いと思います
皆さん今度船に乗る人は
エビと一つテンヤ忘れないように
潮が早いので重いタイプのものが良いと思います
私もオバルジグで一つテンヤを作成しようと思っています
釣れれば楽しいですね

イナダ以外 三上さんに全部プレゼント
絶対手ぶらでは返しません

これが私のポリシーです