2021年6月14日月曜日

6/14 遊漁船 今日も大物が。。。

 


今日は弘前市の藤田さんと
大鰐町の成田さん
藤田さんは久しぶりの乗船です
成田さんは初めて
はたしてどうなったでしょうか

朝3時半出航
波もなくて釣り日和
迷わず昨日のマゾイポイントに直行

釣り開始しますが
普段の釣りとは勝手が違うのか
掛かりません
タイラバやジグで攻めますが
ダメのようです

私はいつものように 大マゾイ連発
かなりのペースで釣ります

しかし 成田さんに大マゾイ


そのあと 藤田さんに珍しい 高級魚 本メバル


今日は異常に潮が速く アッというまに何キロも流されます
ピンポイントでは釣りにくいですが広範囲で釣り事が出来たため
久しぶりに 私に真鯛ヒット!


私に少しして またもやヒット! 重いだけで引かない 
上げてみるとなんと 大マゾイダブル
今季最高の大きさですね


そのあと 成田さんがやってくれました
タイラバで綺麗な真鯛です



下の釣果は 私が釣ったものです
家に魚がいっぱいありますので
藤田さんに全部プレゼント

藤田さんは 弘前市で「シェ.モア」 フランス料理店のオーナー 市内2店舗やっていますね
これらの魚は 店で使うそうです
鯵ヶ沢の大マゾイのフランス料理 どんな料理になるのか楽しみです



皆さんもこの釣りに慣れていないので 釣果はいまいち出したが
それなりに釣れました
私のオバルカブラを見て 欲しそうな雰囲気
「佐々木さーーん」作ってもらえませんが。。。」
最近 遊漁船が忙しくて 暇がありません~~~ん
残念ですが 作れません
丁重にお断りしました
自分でもびっくりしていますが
オバルカブラ カスタムバージョンの釣れること
今日はなんと イカの足1本でこれだけ釣れました
おそるべし!
オバルカブラ レッドへッド

11時過ぎ終了
また来ますと 帰って行きました

2021年6月13日日曜日

6/13 遊漁船 今日も入れ食い 初心者大暴れ

今日のメンバーは いつもの 工藤さん 岡元さん

初参戦 弘前市の 羽賀さん親子

普段は防波堤釣り師で

船釣りは初めてに近いようです

レンタルタックル2組貸出

はたして。。。釣れたでしょうか。。。

朝 3時半 出航

沖はウネリが結構あります

船に弱い人は 厳しい釣りになりそう

先日から 絶好調の大マゾイポイントに直行

ウネリの強い中

初めての人は立っていられない様子

まずは 私が釣り方を伝授

仕掛けは自前ですので

まずは自分たちの用意したもので釣ってもらいます

まずは

ジグでやっていた工藤さんにヒット!

まずまずの良型マゾイ

そのあとから

私の大マゾイ連発劇が始まります

羽賀さん親子に

釣り方を教えると

いきなり 二人とも入れ掛かり状態に突入

「面白いですね~」

船の中は皆さん同時ヒットが何回もあり

大マゾイ 大ウッカリカサゴ ワラサ 大アイナメ

とにかく釣れまくりました

私も昨日の魚が家にあるので

皆さんに 私の釣った魚プレゼントしますが

配るところありますか。。?

皆さん大丈夫そうですので

私も本気で釣ります


そのうち 霧が出始めて

陸が見えなくなりましたが

そのうち日が昇れば晴れるでしょう

                   大物マゾイを釣った岡元さん


          
   
レンタルタックルで大漁の羽賀さん


           
レンタルタックルで次々釣れて 笑いが止まらない羽賀君


                 両手に華の 岡元さん


沖に白波が見え始めて ある程度釣れましたので
浅場に移動
カサゴ狙いです
始めはそれほどでもなかったのですが
マル秘ポイントに入ると 皆さん入れ掛かり状態
初めての羽賀さん親子も次々釣れまくり
満足した様子
波も強く風も出始めたので
早いですが10時過ぎ終了しました
漁港に帰ると早速
羽賀さん
どんなロッドとリールを買えばいいでしょうか。。。?
皆さんで あれが良い これが良い
談義
まずは釣具店で探してみて
今日 使ったタックルに近いものを探せば良いですよ
それで本日は終了
また 新しい 仲間が増えそうな感じでした





籠の中の魚は私の釣果です 一番大きいマゾイで40cm弱
これは皆さんで分けてもらいました
今年のマゾイは旨いですね
大きさもありますが
大マゾイ当たり年
水温が上がれば 釣れなくなりますので
今のうちがチャンスです
カサゴはこれから最盛期になりますので
夏場でも 根魚に困ることはありませんね


                     皆さんもこんな感じで大漁でした

明日も出航です 初めての人たちですので
どんな釣りをするのか楽しみです
さすがに4日連続
疲れましたが頑張ります
来週土日予約ありますが
若干空きがあるので
ご予約OKです


2021年6月12日土曜日

6/12 遊漁船

 


今日はいつものメンバー
弘前市の 漆沢さん 田中さん 桜庭さん
漆沢さんはいつも通りにジグで攻めます
田中さんは真鯛が釣りたいらしく
タイラバで攻めますが

桜庭さんは先日オバルカブラ大量注文したので
それを使います




まずは 漆沢さん


タイラバが釣れないらしく 手作りオモックで入れ掛かり状態



桜庭さんもいつも通りに釣り上げますよ


田中さんは何故か調子が良くて 結構掛けますね
久しぶりの田中劇場に本人ニンマリ





                これは私の分です大きいマゾイで40cm位
                 皆さんもかなり釣りましたよ

写真は有りませんが 漆沢さんはジグでワラサ何本か釣りましたよ
田中さんのお腹の調子が悪いらしく
風も出始めたので
10時に終了しました

2021年6月10日木曜日

6/10 遊漁船

今日は 秋田からお越しの
藤島さんと 初体験 佐藤さん
船釣りもほとんど初めてのようです
道具も仕掛けも藤島さんからお借りして
挑戦ですよ

朝3時半出航
藤島さんに何を釣りますか?
根魚!
真鯛は?
要らないそうです
先日釣った真鯛を裁くと メスの卵に
アニサキスが大量に入っており
身も不味く店では使いたくないそうです
滅多にアニサキスは入っていませんが
たまにあるので 真鯛釣り 青物釣りの人は気を付けてください
アニサキスは
イワシなどの小型青魚やマイカに入っており
これを食べる 今の時期の 真鯛や青物 ヒラメなどに
入っています
鯵ヶ沢沖のように ほとんどイワシやマイカが居ない海域では
アニサキスの入っている魚は少ないですね
アニサキスを食べると
胃の粘膜に食いつき
すごい激痛と嘔吐があり
すぐに内視鏡のある病院に行ってください
内視鏡でアニサキスをつまんで取るそうです
私は経験ありませんが
知り合いの漁師が春に大きなヒラマサを釣って
親子で食べたところ
二人で アニサキスにやられたそうです
近所の胃腸科のドクターに取ってもらったそうですよ

色々な予防法はあると思いますが
私は 刺身の柵を光にかざしてチェックします
刺身はザク切にしないで
薄作りにおろすようにしていますね
フグの刺身のような感じですね
よく イカの刺身で素麺状に切りますよね
松前の知り合いの漁師の話では
虫切りのために
イカを細く切るそうです
こうすると アニサキスも切ることになるとのことで
漁師の知恵ですね
私も専門家でないので
参考にするくらいにしてくださいね
ちなみに
私がいつも釣っている 根魚でアニサキスは
見たことがありません
カサゴは全く寄生虫は居ませんね
素晴らしい魚です
以前は
大物でなければ魚でないという釣り師も多かったですが
釣る難しさが面白いと
ファンが増えています
魚自体も 刺身をはじめ 揚げ物 煮物
身持ちの良さ
近所におすそ分けがしやすい魚ですので
深場の魚が釣れない時は
浅場に行きましょうコールが多くなりました
確かに 私も長年釣りをしていますが
カサゴ釣りは面白い
掛けるまでの技術の差がでるので
やめられませんね

そんなことで
真鯛は要らないとのことで
迷わず
マゾイのポイントに直行
今日は仕掛けの巻き上げが軽い
こんな時は
潮が動いていない証拠
潮が動かないと何故に魚の活性が悪いのか。。。
魚はエラで海中の酸素を取り込みます
潮が動かないと海中に酸素量が減りますので
酸素不足を解消するために
動かない
泳ぐ魚は特に食いが悪くなります
水温が高いと海中の酸素量が減りますので
これからの季節 は厳しいですね
そのため 干満の差が多いと海中に流れができますので
酸素が増えます
高さのある 漁礁や根があると 潮がぶつかり
酸素が生まれます
今日の潮周りは
水位差のない長丁場の上げ潮
そのため 仕掛けを巻き上げても
流れが無いので
軽く感じるのです

やはり釣り始めても
先日のように 食いつきません
釣れてくるのは
小さいウッカリカサゴ
ならば
きつい漁礁に行きましょう
ここからピンポイントに釣りで
釣果を伸ばしました




ウッカリカサゴの 藤島さん 良型マゾイの 佐藤さん


マゾイのポイントでは 真鯛 青物は皆無
ある程度マゾイも釣りましたので
浅場に移動することに
しかし
カサゴもいつもの場所で釣れません
そのうち
浅場のもっと浅場で
ナブラが
ダブルでワラサが釣れて 大騒ぎ

佐藤さんも生まれて初めてのカサゴにご満悦


浅場で大きいアイナメも釣れだし







佐藤さん ワラサに大騒ぎでなんとか釣り上げ
オモシレー


もしかして。。。釣れない時の必殺ポイント
ここから皆さんカサゴ入れ食いが始まり
サイズもまずまず
暑くなってきて さすがに還暦メンバー
11時やめようか。。。終了です


 写真は三人分です 大物は少ないですが 結構な釣果ですよ
最近は毎回こんな感じで 皆さん満足しているようです
引きを楽しみたいなら 青物がたくさんいますので
そちらで楽しむのも良いかもしれません
真鯛は はっきり言って不味いです
覚悟の上狙ってください
鯵ヶ沢の市場では 先日の真鯛の相場 1kg200円
50cm真鯛が一匹200円ですよ ここから手数料引かれますから
水揚げしても儲けは有りませんね
真鯛釣りで漁師では生活できないのです

明日は出航 久しぶりに JIGER 漆沢さんが
私に戦いを挑んできていますので
私もルアーを駆使して やっつけてやりましょう
楽しみです。。。。




2021年6月8日火曜日

6/8 赤石川の様子

鮎釣りの季節になりましたね
今年の解禁日は平日
7/1ですよ

まだ鮎の姿はわかりませんが
場所によっては石の色合いが良いので
もうついている鮎もいるでしょう

下流域から第一堰堤上まで見てきましたが
下流域は昨年と比べると かなり流れが変わっています
最下流は川に重機が入ったようで
川が平たんになりました
魅力のない流れ
大きく変わっているのは
山子も橋から下流域
昨年までよかった場所が悪くなったり
逆の場合もあります

解禁日釣りに来る人は
下調べしたほうが良いかと思います
個人的には
昔の流れに戻ったポイントもあり
これから楽しみですよ




キャンプ場裏
                         

熊の湯下流域



 

2021年6月1日火曜日

6/1 遊漁船

 

今日は 秋田の藤島さん
先日 北秋田市に居酒屋 「翔ちゃん」をオープンした
息子さんと2人で釣行ですよ
今回は自分の店で使う食材釣り
お父さんは 「威風DoDo」
料理人が違うので
食材は同じでも別物の料理が出てくるでしょうね

自分の店で使う食材は 自分の腕で釣る
釣った直後から
料理が始まります
いつ見ても どんな魚でも丁寧に魚を扱っていますよ
すくに血抜き
魚は重ねないようにクーラーに入れています
魚を重ねると潰れるということで
繁盛している店は 食材を大事にしていますね
最近のお客様は
知識があるので
活きが悪く処理もしていない魚を安く仕入れ
料理でごまかしている店も多い中で
自分で釣って自分で処理して
店で最高の状態になるように
保存する
藤島さん曰く
食材が良ければ
腕は要らないそうです
簡単なようですごく難しいことですよ

そのため 釣りを楽しむのであれば
真鯛 青物は面白そうですが
店で使うとなると
根魚が一番良いそうです
しかし
根魚は釣りたてから処理をきちんとして
熟成が必要で
手間が掛かりますが
お客様の舌が肥えていれば
間違いなく違いが判るそうです

果たして 店の食材は手に入ったのでしょうか

朝3:30出航

真鯛が釣りたいのか 根魚が釣りたいのかで
ポイントが違うよ
そんなことを聞くと
根魚のポイントが良いとのこと
息子さんは 真鯛の引きが楽しみたいということでしたが
真鯛もいるはずだから。。。
ポイントに到着
真鯛釣りの船が遠くに集まっていますが
こちらは 大マゾイがメイン

しかし。。。
潮の流れが分からなくて
ポイントを外して
失敗したな 。。船長。。反省
しかし
移動するよ。。。
なんと!
藤島さんのロッドが!
水面に出たのは 良型 真鯛
瓢箪から駒

そのうち 息子さんも真鯛ヒット!
根魚はポイントを外しているので
小さい ウッカリカサゴがたまに釣れるだけ

私は先日 買った SLJのロッドのテスト
水深があったので
サムライジグ60gに
ブレードと 毛バリを付けた
バージョンで釣り開始





ジグをしゃくるとHIT!
まずはメバル
そのうち 結構な引き
大マゾイですよ

しかし
オバルカブラで釣っていた藤島さん
私より釣ります
私もオバルカブラレッドへっドに変更

すぐにマゾイ入れ食い

そのうち
藤島さん 大物とやり取りしています
PE1号なので
かなりの大物も大丈夫ですが
かなり浮かせたあと
痛恨の高切れ
残念そうです
PE1号あればほとんどの魚は捕れますが
ラインが傷んでいると
そこから切れることがあります
1号でも
傷がついていれば
その部分の強度は 0.5号の強度
国産のPEならあまり ムラが無いので
強度通りですが
私は 中国PEを安く買って使っているので
1.5号にしています
今まで PEから切れたことは無いので
中国PEでも十分ですね
同じ中国PEでも
良いものもあれば 粗悪品もあります
昔から使っているメーカーのモノを
選んでいますね

そのあと 私にも大物ヒット!

しかし
悪夢が。。。
途中で針外れ
残念!
人を笑うと自分に帰ってくる
反省。。。。。。

皆さん順調に釣れて
大きなマゾイで40cm位
平均 35cm前後がかなり揃いました




ある程度魚も揃ったので
浅場に ヒラメを狙いに行きましょうか

しかし
今日のカサゴは難しい
本当にか掛からない

しかし
ピンクオバルが調子のよい私は
ピンクで攻めます
皆さん釣れない中 入れ食い状態に突入

そして 海底に付いて少し巻き上げると
カサゴでない引き!

水面に出たものは先日よりは小さいですが
またもやヒラメ
ピンクオバルはヒラメに効果あり
2回連続ですから
何故にピンクを最近使うのか!
理由があります
今年はタコが多いので
この色を使うのです
タコはピンクが好き
実際 今年に入ってから
毎回のようにタコを釣り上げています
タコが掛からないくなったと思ったら
今度は ヒラメ
食べごろサイズ






釣果は 3人分ですよ
今日は9種類釣りました
ヒラメが釣れた写真をJIGER漆沢さんに速攻 LINE
返信は。。。
お客さんに釣らせないで 自分ばっかり釣って。。。お叱り。。へへへ
だって釣れるんだもん。。。私
お客様には 真鯛が釣れたので大丈夫!
返信しておきました

本番を迎えている 鯵ヶ沢沖でした






2021年5月27日木曜日

5/27 SLJ。。。何?

 最近  SLJ という言葉を聞きませんか

簡単に言うと スーパーライトジギング

今まである ライトジギングより

もっと軽いジグ

SLJ用のロッド

細いPE0.8以下を使い

釣る方法

ジグも60g以下 普通で30~40g

浅ければもっと軽いものも使います

ある意味 私がやっているオバルジグの釣り方と相対するものが

ありますね 

基本的に違うのは 竿が違う

オバルジグはバスロッド系の竿を使いますが

SLJはジグを躍らせる竿 竿先の跳ね返りが強いものを使います

船のお客さんも SLJをやる人たちも増えています

私の釣り場のポイントは比較的ロックフィシュを狙うので

SLJも同じポイントでしょう

そんなことで 今流行しているのなら

船長としても経験と知識を付けなければいけません

専用の竿となるとネットでも15000円位は最低でもします

こんな時は タックルベリーオンライン

ありましたよ

 ソルティーステージKR-Xライトジギング SXLC-632-120-KR

5番のガイドが壊れているということで

なんと2800円 送料2000円

5000円以下で手に入りました

鹿児島からでしたので3日ほど掛かりましたが

現物は新品に近い状態

すぐにガイドを治し

ベイトリールを取り付けました

今もっている竿とは次元が違います

細身で高反発 しゃくると自動的にジグが跳ね返ってアクションが

起きるという竿ですね






今までの釣りでも魚はそれなりに釣れましたが

ベイトを捕食している魚は

ジグのほうが確率が高い

これからの季節 キジハタ マハタ ヒラメなど

オバルでは少し釣れにくい魚をこれで狙うかな。。

常に新しい釣りを体験しないと お客さんに

馬鹿にされますから。。。

オバルで狙うも良いし オモック タイラバ ジグで で狙うも良いですが

小さいジグで細いロッドで 細いラインで 釣る

これも釣りのだいご味

ユーチューブでSLJと打ち込めば

いっぱい出てきますので

見ても良いかと思います