2022年8月11日木曜日

8/11 時代は繰り返される

以前 舞戸地区に
歴史書が各家に配布されました
確か。。水害の写真があったはず

本を見つけてスキャンしましたよ

時期は1958年 今から64年前の話
8/10から雨が降り
8/12日に
中村川と岩木川が決壊したと書いてあります
偶然なのか 日にちも全く同じ

時代は繰り返されるのでしょうか

この時と同じような町内で
同じような水害になっています


下の写真は
現在は有りませんが 駅前の書店
今回と同じような水位ですね



これは ニュースにも出ていた

舞戸保育所

かなりの水が出ていますね

これを参考にして改良してほしいですね 



8/11 新しいリールがきた===!

昨日 一昨日からの電話 ライン メール
鳴りやまず ご心配おかけしましたが
テレビ メディアの情報で
悲惨な状況が映し出されています

我が家も 中村川から200mほどしか離れておらず
不安でしたが
地理的に多少高台にあり
難を逃れました
赤線の内側の堤防側から水が流れ込み広範囲で冠水しました
町は水は引きましたが 
床上浸水がほとんどで
話しかけるのも はばかれる状態でした
情報で皆さん知っていると思いますが
悲惨な状態です

来週初めに 遊漁船の予約が有りますが
波が無くても 海には 巨大木材 ゴミなどが
至る所に流れており
船に衝突の危険性が有りますので
もう少し様子見ですが
中止も考えております
皆様にご心配ありがとうございました


先日の遊漁船で
ちょっと。。。やってしまいました
大物がお客さんに掛かりまして
気を取られて
丁度 キャストの最中
アッ。。。と思った瞬間

竿が手から離れて海にドボン
すぐにタモアミで採ろうとしましたが
沈むのが速く

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏
法然法師になってしまいました
家は浄土宗ですので
これで良いのです

海に落ちたものは頑張っても引っかかりません
深さも有りますし
時間が経てば 多少は漁礁になって
魚が付くでしょうから
。。。。。。。です

私のお気に入りの
アブのKR-Xのロッド
とダイワのカウンターリール
前日に 8本撚りの1.2号PEライン巻き立て

竿は代用できるものが有るので
今回は カウンターリール
藤嶋さんに連絡すると
シマノのバルケッタ 軽くていいよ!
アブのDLCのカウンターリールは持っているので
ダイワのカウンターリールは海に沈んだし
シマノ バルケッタにしましょう
いつものタックルベリーで探すと
結構高いですね

私の予算は1万円
探すと
17 バルケッタ301HG-DH
ギア比7:0

9700円
送料込みで10600円位

先ほど届きました

触ってみて 
軽い ベアリングが3個しか入っていないとは思えませんね
ドラグも滑りが良く
リールも軽くいい感じです

ハンドルがダブルでしたので
パワーハンドルに変えることに





 ハンドルを外してみると

普通のハンドルのネジより小さいですね

パワーハンドルの穴はこれより大きいので

スペーサーが有ったので

これを入れて取り付けます

ネジも有ったのでこれを取り付けて

完了




こんな感じになりました

標準の ダブルハンドルも 他メーカーの物よりは

長いので 十分使えますが

大物のやり取りなら パワーハンドルが使いやすい

バルケッタはほかのメーカーの物より

穴が小さいので

ハンドル交換の時は スペーサーが付属するものを

お買いください


2022年8月9日火曜日

2022年8月3日水曜日

8/3 避難命令




赤石川





青森県全域で 線状降水帯が発生

集中豪雨で河川氾濫

家の目の前の中村川も

避難命令が出て

危ないので10時頃避難

近所の年寄りに避難するようにお声がけ

ほとんどの年寄りは

何十年もここに住んでいて

川が破れたことがないから

避難しない

もう長くないから。。。

これ以上他人に言う必要も無いので

帰りましたよ

長くないから。。。

もしものことが有れば

誰が後始末するのでしょうか

身勝手ですよね

前例がない

世界を見ても

日本を見ても

コロナの猛威

自然気象の変化

ほとんど前例はないですよね

川が破れたことが無い

この時代当てはまらないと思いますけど

これからの時代

すべてにおいて 前例は参考にはなるけど

絶対はない時代

自分の命は自分で守る

これが基本だと思いますね

水位が下がり始めて

12時帰ってきました


明日は遊漁船の予約が有りましたが

中止にしました

天気は良いのですよ

どうしてかわかりますか

釣りだけ考えれば

海が濁って釣りにならない

これは釣り師の考え

船長として考えると

これだけ川が増水すれば

河原にある 丸太など

流れてきます

海に漂うのです

ゴミもしかり

これが落ち着くまでは2~3日は掛かるでしょう

大きな丸太にぶつかれば

船が破損

プロペラにぶつかれば

走行不能

ゴミが給水穴に詰まれば

冷却できなくて

オーバーヒート

どちらにしても

リスクが多すぎます

安全に沖に出れる環境が整って

始めて釣りができるのです



 



2022年8月1日月曜日

7/31 遊漁船 今日も渋いですね

今日のメンバーは

弘前市から 寺嶋さん 水島さん 山本さん 谷川さん

青森市から斎藤さん

5人で出航

前日まで西風5mの予報が出ていましたが

直前の天気予報で 西風3m

何とかなるでしょう

さすがに西風4mとなると 波は風の半分ですので

2m 船が大きいので何とかなりますが

その前に 風に押されて船が速く流れる

波で船が揺れるため

船酔い者が出てしまいますね

朝4時前に出航

前日の釣果を考慮して 漁礁はだめだな。。。

沖に出ると ウネリが有ります

これは沖で風が強い状況

早いうちに波が立つな。。。

風が出ても逃げが利くように

陸地に近いポイントに行きますよ

朝の時点で

南西の風 2m位

波1m

これにウネリが有るので

条件としては良くないですね

まずは 真鯛を含め 五目で釣りたいとのことで

浅場のポイントに直行

釣り開始 。。。

釣れません

昨日と今日はほとんど潮が同じで

潮位差がないベタ潮

季節的に水温が現在26度

限界水温ですね

魚の活性は 潮の流れや波で起こる海中の酸素量で

決まります

水温が高い現在は 海中の酸素量が少ないので

魚は動こうとしません

海の中に酸素が溶け込まないと

活性しないのです

そんなことで 真鯛 青物は期待薄ですね

回遊系の魚は動かないです

そうなれば 釣れない魚を狙わない

この船の鉄則です

真鯛が釣りたいなら

専門に釣らせている船が有りますので

そちらの遊漁船に行ってもらうのが正解です

この船は あくまで 五目釣り専門船です

真鯛はあくまで五目の一目に過ぎません

釣れない時のカサゴ様

今日もカサゴに遊んでもらいましょう

一昨年

偶然見つけた 浅場のウッカリカサゴポイント

カサゴを釣っていて

船が流され 急に大きいウッカリカサゴが釣れたのですよ

何匹か釣れたので

今回も時期的に同じですので

このポイントに移動することに

すぐに答えでが出ましたよ

朝一で釣れたウッカリカサゴ

やはりいましたね


良型アイナメもヒット


風も強くなり 沖の水平線に白波が見え始め

逃げが利くように 浅場に移動

風が吹き始めて

波も大きくなり 船が速く流れて釣りにくい

しかし

カサゴは釣れてくれます

段々 波も高く風も強く噴き出します

10時の時点で西4.7m

こうなれば 釣りになりませんね

船が大きいので 波には強いですが

それでも良いポイントを通過すれば

カサゴが次々釣れるポイントが有ります







さすがに 皆さん疲れたのか

11時早めに終了

風が有ったので昨日よりは涼しいですが

活性が悪く 厳しい釣りの中

お疲れさまでした

下の写真は私の釣果です

とにかく釣りにくい

活性が悪い

釣れるポイントが限られる

それでもカサゴは大きく

28cm~の物も何匹か釣れました