2024年7月3日水曜日

2024 7/3 遊漁船

本日の乗船は 弘前市から 福島さん 初乗船の仲原さん

大館市から 初乗船の本間さん

3人乗船です

朝4時出航 沖に出ると うねりが強い

千畳敷の風力発電の風車が勢いよく回っています

深浦方向から南風が強く吹いている

こんな時は鰺ヶ沢沖は風裏になるので

風は吹きませんが 波の余波がうねりになって鰺ヶ沢沖に押し寄せます

こんな時は水平線を頻繁に見ていないといけません

西風に変わるとすぐに大波になります

水平線がギザギザに見えたり 白く見えたりしたら

すぐに漁港近くに帰ることが大事

10分もあれば大波になります

船が大きくても 白波とウネリの波には

とても危ないのです

海になれない人は今いる場所が穏やかだから

もっと沖に行こう

これが大きな間違い

あの大きな風車が回るということは

上空はかなり強い風が吹いているということ

私は 七里長浜の風車や 鰺ヶ沢の町内の上の風車

千畳敷の上の風車を頻繁に見ています

風車を見れば 風向きと強さの判断ができますから

ウネリがあるということは どこかで波が強いということ

風向きが変わればすぐに大波になります

なぜにここまで気にするかというと

私は漁師なので 冬場も沖に出ます

冬の海は今の時期と違い

毎日のように大波 強風 大ウネリの中で

漁をします

天気の判断が間違えば 命にかかわります

漁師の天気の判断は 天気予報だけでは

海の判断ができないのです

ミニボートで釣りをしている人も多いでしょう

2馬力で沖に出て急激に天気が変われば

まず助からないでしょう

天気が悪くなれば 助けるほうも沖には行けません

鰺ヶ沢沖でも たまにかなり沖までミニボートで来ている人も

いますが漁港から4km以上離れています

ミニボートのスピードは時速10km以下がほとんどでしょう

4km離れた場所から

突風 大波になれば

スピードは時速2~3kmくらいまで下げなければ走れません

そうなれば すぐに逃げても1時間くらいかかる計算

この間に大荒れになれば

考えればわかりますよね

ミニボートは楽しいですよ

私も 昔 ミニボートのレンタルをしていましたから

ミニボートでの釣りは 大きい船がいる場所に行くことではなくて

船の発着場所からの距離

離れていても 陸からの距離が1kmいないで

釣ることをお勧めしています

これがミニボートの楽しみ方です

15分以内で陸に帰れる距離を保つポイントで釣る

大きな船が来ない場所で釣ること

船が大きい糸小さい船は見えません

気持ち程度の旗を立てている人がいますが

まったく見えません

船がミニボートのほうに走ってきたら

見えていないと考えてください


最低でも高さ3m 旗の大きさ60cm×50cmくらいの赤かオレンジ

これが最低ラインの旗の基準です

ミニボートの人は一度大きな船に乗ってみればわかります

いかにミニボートが見えていないかわかります

「大きな船が来ない 浅いポイントで釣る」

ミニボートの楽しみ方です

大きな船がミニボートにぶつかれば

間違いなく大きなほうは傷がつくくらいで済みますが

ミニボートのほうは大事故になると思います

心にとめておいてください

「ミニボートは 大きな船からは見えていません」

ぶつけられたら 間違いなく死にます


ウネリが強いですが 風はないので

いつもの漁礁に向かいますが

風がない分 シーアンカーがききません

ウネリが船に平行に来るので

船は大揺れ

釣りにならないので

浅場のうねりの弱い場所に移動

 



 

水温が上がれば 浅場のほうが釣れますね
初乗船の本間さん 珍しく真鯛をつりましたね
先日までまったく釣れていなかったので
真鯛のポイントがわかりましたよ



初乗船の仲原さん
高級魚キジハタですね
後ろに写っている福島さん
前回はヒラメ キジハタ 真鯛を釣り上げ
ブログを独占していたのですが
今回は写るような魚が釣れません
寂しそうですね



本カサゴは一時期よりは釣れにくくなりましたが
夏場の根魚は少なくなる時期
ありがたい魚です
本カサゴの旬は7月頃が最高ですね
真鯛のポイントも分かったので
潮が合えば大きいサイズも釣れるでしょう
今回はイナワラは釣れませんでした
釣れるときは要らなくなるくらい釣れるのに
欲しいときは釣れない魚です



11時過ぎ 水平線が白くなり強風が吹きそうでしたので終了

 今週末は かなり厳しい天気ですね

中止の可能性が高いですね

海の色が 黒か濃紺が出航の目安です





 

 

2024年6月29日土曜日

2024 6/29 遊漁船

 本日の乗船は 青森市から 芳村さん 三上さん 木村さん

五所川原市から 初乗船の中村さん

平川市から 今井さん

5人乗船です

朝4時出航

前日と違い 波は穏やかですね

朝一番は定番の浅場から

しかし 潮回りが悪いのか 本カサゴが食いません

まったく同じポイントでも 潮回りが悪いと

食いません

根魚の難しいところ

そのうち イナダの群れにつかまり

ジグに2匹ずつ これはこれで楽しいのですが

皆さんリリース

私も昨日の分があるのでリリース



 本カサゴも釣れないので

ピンポイントの穴場でウッカリカサゴ狙い

やはりいましたね

良型ウッカリカサゴ

今井さん大喜び


芳村さんもウッカリにご満悦

 

初乗船で 初心者に近い

中村さん マゾイに大喜び

 



 木村さんにも良型ウッカリカサゴ


中村さんに高級魚 大きいホウボウ

これは美味いですよ 


この後 調査もかねて アマダイのポイントに行きませんか。。。

皆さんの了解があり

向かいます もうそろそろ釣れても 良い時期

しかし結構深場まで流しましたが

釣れてくるのは なんとびっくり

30cm前後のレンコ鯛 これは美味しい魚です

見た目もうっとりするような 綺麗な魚

図鑑で調べると

1年で11cm、3年で21cm、4年で24cm前後に成長する。

9年で32cmの個体もある。寿命は10年以上、35cm

今日釣れたのは30cm前後はあるので

8年くらいは生きているレンコ鯛ということですね

塩焼 刺身 美味しいと書いています

これだけ大きいのが結構皆さんに釣れたので

アマダイ狙いで

レンコ鯛 チダイ 真鯛 もありかな

そんなことも考えています


芳村さんもレンコ鯛のような顔になってますね

 

             
大ヒラメ狙いの三上さん リベンジならず 撃沈

次回 お楽しみに

11時30分終了しました


 

 

2024年6月28日金曜日

2024 6/28 遊漁船

本日の乗船は

五所川原市から 高橋さん2人 杉山さん

3人乗船です

朝4時出航

沖は風はありませんが

ウネリすごい 船に弱い人なら10分で エンドになりそうですね

深場はいまいち釣れなくなりましたので

浅場で釣り開始 今回は 前回大ヒラメを目の前で切られた杉山さん

前回の教訓で 竿を新調したようです

今ままでは タイラバ狙いの穂先が軟調の竿で釣りをしていましたが

この竿では10kgヒラメは取れないと踏んだようです

波は1mほどのうねりが次々立っているのも疲れる波

 



浅場での釣りで なんと キジハタを釣った高橋さん
最近は 漁礁以外でも
大きいキジハタが釣れるようになりましたね


最近は 50cm前後のイナダが釣れるようになりましたね
食べごろサイズです
私は 釣りたてすぐに 頭を取り尻尾を取り腹を取り
持ち帰るっています
こうすると 身が柔らかくならず
帰ってから真空パックをすると 1週間くらいは
刺身で食べられます
昨日も食べましたが 赤身と白身のバランスが良くて
美味しかったですね
ほとんどの釣り人は この魚は美味しくないとリリース
魚の処理の仕方がわからないので
家に帰ってから食べると 身がベチャベチャ
になっているので
持って帰らないのかもしれません

釣り人の魚の締め方を見ていても
エラを切ってバケツに長時間入れているだけの人が多いですね

青物 真鯛などは
釣ったらすぐに エラの付け根の骨を切り離します
こうすることで 神経も切り 同時に血抜きもできます
これが一番早く 確実な方法です
さすがに真鯛など大きいものはこの方法は難しいので
目の横のポイントに千枚通しで刺して 骨と神経と粉砕します
そのあとエラにナイフをちょっと刺すと
血が噴き出します

どんな魚でもこの方法で処理できますので
覚えておいてください
ちなみに私は すべての魚をこの方法で
活き締めしています
今の時期の水温は高いので
海水温も22度
この温度に青物を締めて入れておいても
魚がすぐに腐敗が始まります
青物など赤みが多いので
鉄分でできています
これが 急激に錆びていくと 魚が生臭くなります
これが美味しくない原因

白身の魚は 赤身が無いので 酸化しませんので
多少 劣化しても 味が変わりませんが
時間を置くと死後硬直が速く進み
身が柔らかくなりますね
これを防ぐには
エラの付け根の骨を切ると
脳から身に伝達ができなくなり
魚の脳は死んでいるのに
身のほうは死んでいないと錯覚しているのです
そのため 魚の劣化が進みにくくなります
今流行りの神経締め
骨の中の空洞に神経が入っていますね
この中に針金を入れて
神経を壊して脳からの伝達を抹消させているのです
そうすると魚は死んでいるのに
神経が壊れているので 魚の身は死んでいないと錯覚させることが
できるのです
しかし 一匹づつ この神経締めをやるには
手間が掛かりますね
そのため 私は エラの付け根の中骨を切り離す方法を
推奨しています
これなら 釣って5秒で神経締め 血抜きが完了します

先ほどの青物の場合
締めて バケツに入れて 血が出なくなったら
すぐに 氷の中に入れますね
これが 青物を美味しく食べて長期保存させる方法です
関東の定置網の漁師が
活きて水揚げした魚をすぐに
小さい魚もすべて 私と同じ方法で処理していました
この処理の方法だと
水揚げしたあと 市場に並べても
魚に傷が見えないので
セリの時に有利になるのです
これがプロの処理方法です


真鯛は全く釣れず
カサゴがメインになりましたが
時期的に 真鯛は美味しくないので
万能な本カサゴは人気がありますね


11時30分終了しました 

2024年6月24日月曜日

2024  6/24 遊漁船

本日の乗船は 藤崎町から中村さん

深浦町から藤嶋さん

鰺ヶ沢町から島田さん 小山内さん 野呂さん

5人乗船です

天気予報は朝から雨模様

風は東向きの天気ですので 何とかなるでしょう

朝4時出航

波は0.5mほど

西の空が黒く 雨も強く降る時間もありそうです

何が釣りたいかと尋ねるも 前日と同じような魚種

ならば 浅場でお土産を取ってから

大物を狙いましょう

どちらも狙えるポイントに走ります

 



中村さん 大物カサゴ


藤嶋さんに本命 大物ウッカリカサゴ

 

中村さんにも大物ウッカリカサゴ


ヒラメ 真鯛も狙いましたが 潮が合わず
小さい真鯛が数匹 ヒラメは坊主
カサゴは入れ食い
大きいクーラーにこれだけ釣りましたよ
中村さんのクーラー
専門に狙えば 無限カサゴ地獄



藤嶋さんは本カサゴは本気で狙っていなくて
食べる分だけ その代わり 1kgオーバーのウッカリカサゴ数匹釣りました
大物ホウボウを狙っていましたが 残念ながら 釣れず
最近 ホウボウの人気が出ています
3日寝かせれば アマダイのような刺身になります
美味しい魚です



他のメンバーもそれなりに釣っていましたが

 カサゴ爆釣は中村さんですね

近所の人たち 知り合いに配るそうです

一時期 雨が強く降り 遠くで雷もなりましたが

予報では 10時ころから西風が強くなる予報でしたが

最後まで風は変わらず

穏やかな条件でした

11時半終了

午後から急に西風が強くなりました

安全第一で頑張っています

週末の予約は何とか出れそうですが

日曜日からから風が強い日が多そうです