2019年10月18日金曜日

10/18 漁船釣り

週末は土曜日大雨で遊漁船中止
日曜日は西風が強く沖止め

来週の月曜日 から 金曜日までは よさそうですが
土曜日から何日か荒れそうです


時期的に昔から「女心と秋の空」
天気がコロコロ変わります
長期予報も当てになりません
行ける時に行くこれが大事です


自家用の魚が無いので 朝5時過ぎ出航しました
予報では9時頃から東風が強くなりそうですので
朝一番で勝負
まずはメバルから
大きな反応を見つけサビキ投入

しかし。。。なぬ? 仕掛けが船の下10mで降りていかない?

巻き上げるとサビキ20本に全部魚が付いている
よく見ると 50cmサワラ 
しかし
水面まで魚が来ると ラインがことごとく切られる
見事に針が全部無くなり
結局 一匹も上がりませんでした

少しポイントをそらしても やはり掛かる

何とか底まで仕掛けを下ろすと
今度はイナダが掛かる

何とか 一回だけメバルが3匹釣れました
大きさは29cm~
良いめばるです

メバルはあきらめ 今度はオバルカブラで真鯛狙い
しかし
どこに行ってもイナダだらけ
40cmくらいあるので面白いですが

今日一番は
オバルカブラ3本針に イナダ3匹掛かりました
すさまじいの一言

反応が無いところで釣ると何も掛からない

ならばカサゴでも
しかし ここもイナダ海一面 イナダとサワラだらけ

そのうちに 大物ヒット!
これは。。大物真鯛か!!

あがってきたものは
65cmヒラマサ
太っていて旨そうです

小さい真鯛は何枚か釣れましたが 今回は真鯛は無しでした
海はにぎやかで 何が釣れるかわからない
ヤマセが強くなってきたので
9時終了しました


























2019年10月16日水曜日

10/16 遊漁船 大シケ出航

今日は秋田からお越しの 藤島さんご家族3人 と二回目の 加藤さんと斉藤さん 福原さん
6人の乗船です


前日 連絡
「明日は無理ですよ~ 朝 3時間位で 時化になります 中止にしますか?」

皆さん楽しみにしているので 短時間でもOKです」との事
ならば出航しましょう

こんなとき船が大きいと無理が利きますが
慎重に操船しなければいけません

朝5:30出航
他の船はまったく出ていません
遊漁船は私だけ 私の場合普段から 港の近場の浅場で釣りをするので
他の人が出来なくても 出れることがありますよ

台風後浅場に真鯛が入ってきている情報がありましたから
あわよくば釣れるはず

漁港を出るとウネリが強い 沖で風が吹いている証拠
白波が見え始めたら終了です

浅場でも距離は走れません
いつでも逃げれる距離で釣り開始

初心者も二人居ましたので
私は竿を出しません
講習をします

















まずは 威風DoDoの女将さん
大きいカサゴヒット!30cmくらいですね







次に 船釣り初体験の斉藤さん
小ぶりなカサゴヒット 大喜び
風が強いので髪が乱れてしまいました







そして 藤島さん こっそり オバルカブラで鯛狙いをしていました
70cm近い真鯛です







少しして 今度は55cm真鯛





真鯛 初体験の加藤さん50cmほど
本人大喜び
ロックフィシュ用のロングロッドで釣ったので 竿が柔らかく
今度は真鯛用のロッドを買うそうです

そのほかには 40cmイナダ 30cmカサゴ~それなりに釣れました
大物真鯛の居場所がわかったので 楽しみです
タイラバも釣れるので 根魚 真鯛 どちらも同じポイントですので
釣りたい魚を狙いましょう


面白かったのは 藤島さんの息子さん ネットで話題の ロックフィシャーマン 折本さん
まねをして同じタックルで 攻めていましたが一匹も掛からず
あきらめてオバルに変更していました ネットの情報で 鯵ヶ沢沖を攻めても
根魚は厳しいですよ 私も色々試してみましたから・・・
釣れないから今の仕掛けが出来たのです 

今週は 10/19の予定 雨がありそうですが ヤマセ予報ですので大丈夫でしょう
真鯛大漁になるか 根魚大漁になるか楽しみです

10/21 10/22  釣り日和の予報です 予約入っていませんので
いかがですか チャンスです










2019年10月14日月曜日

10/14  真鯛本番!

今日の朝出航した 釣り漁師仲間と 遊漁船仲間が10時過ぎ帰って来ました
釣り漁師は 70cm筆頭に全体で15kgほど釣ってきました
タイラバの釣果です

遊漁船は青森市から3人初心者さん 大喜びで帰ってきました
浅場でもかなり当たりがあるようで 大きいのから小さいのまで
結構釣っていましたよ

今週末は凪ぎ日がありそうですのでチャンスです
予約はお早めに

2019年10月13日日曜日

10/13 台風の影響


台風で被災された皆様 大変でしょうが 頑張って下さい

鯵ヶ沢はまったく台風の被害は無く 一安心
雨で川は増水しましたが 氾濫までは行かず
海も朝方までそれほど波は無かったのですが

午前中から北西の風が吹き出し
午後 現在は防波堤を波が越えてきています

海には好都合で
川の水も入り海底から海をかき混ぜたことで
酸素量が増えて水温も下がり
魚が動き出しそうです



漁師仲間と話をしましたが
明日は波が落ちるかな。。。
落ちると思うが ウネリが強そうだな
濁っていそうだな・・・
そんな話です

明日の朝出航と考えていましたが

かなり厳しいかもしれません
そんなことで 
明日は中止です


















2019年10月12日土曜日

10/11 ギブアップ。。。{泣}

大荒れ後の釣りになります
防波堤に3艘のレジャーボートが係留
持ち主たちが見守っています
防波堤の高さの倍の波がボートを襲います
そのたびに 持ち主の顔が青ざめます
何とか持ちこたえて一安心 船を持つと頻繁に天気予報とにらめっこ
天気が読めないと船を沈めるのです 
早く船を陸揚げすればよいのでしょうが
水温が下がり海が荒れると 一気に魚が動きます
先日まで水温25度 現在22度
20度より下がるとん一気に魚が荒食いを始めますよ

これがあるのでレジャーボートの人達もギリギリまで係留するのです
鯵ヶ沢漁港の係留ボートは10月末で陸揚げしなければなりません
来年の4/1からボートの係留が出来ますが
釣りの好きな人達にすると長い休みですね

私は漁師ですので これからが本番
遊漁船も1年中OKです
メバルも始まります
今年からメバルの産卵期の1月2月メバル釣りが禁漁になりました
3月1日が解禁日

これからの予定は
12月いっぱいまでメバル釣り漁
1月から2月末までヤリイカ釣り
3月1日からメバル漁
こんな感じですね

遊漁船は冬場もやりますので
天気に恵まれればご利用ください

船の大ヤリイカも体験できますよ
冬場でも 立って釣りをしていればさほど寒くありません
1月でも海の水温は12度ほどありますので
海はまだ秋ですね

12月末までは メバルも含めた ロックフィシュの遊漁船
ヤリイカは大体12月25日頃釣れ始めます
大きさはほとんどオスが多いので
足を入れて40cm~50cm
10匹も釣れれば満足感があります
釣り場は 普段根魚を釣っている場所ですので
水深は深くありません

仕掛けは地元の仕掛けももありますが
自分なりに情報で仕入れた仕掛けで攻めるのも面白いかも
ただ今まで色々試しましたが
昨年開発した仕掛けは釣れました
半日 5時間で50匹ほど
1時間10匹 6分に1匹釣れた事になります

メバル釣りは サビキがメインですが
ジグなどで攻めるのも面白いかも
数を釣るならサビキ釣り
面白さを追求するならジグ



今日は 朝5時過ぎ出航
朝一番は メバル調査
反応がまったくありません
最後の砦のポイントに行くと反応があります
仕掛け投入

すぐにヒット!
5匹ヒット
大きさは28cm~
もう一度投入
1匹のみ

これで終了
もう少し水温が下がらなければだめですね
今日は潮周りがメバルの潮でありません
潮周りが合って 朝一番にぶつかれば
かなり釣れそうな気がします

あっちこっち反応を探しましたが 反応無し
ならカサゴでも。。。

しかしカサゴも食いません
こんなこと初めてです
なんと
1匹のみ
このほかに小さいマゾイ
イナダ
大き目の鯵
カワハギ

海はわかりませんね
荒れた後だからといって
釣れるとは限りません
魚釣りはこれだから面白いのです

メバルが釣れたのが収穫
これから本番を迎えます

10時釣れないので終了しました

10/13の遊漁船は中止になりました

10/14は沖に出れそうです
一応出航の予定ですが
台風の影響がどのくらいあるかわかりません

朝にならないとわからないのが本音
現場解散OKの人は
お出でくださいませ
朝5時に船の前に集合してくれればOKです
予約は要りません
私は沖に出る予定ですので
出航時 乗る人が居なくても出航します

1人でも6000円でOKです


2019年10月8日火曜日

掘り出し物の私のタックル

釣り漁師もしているので
タックルの消耗どは 一般の釣り師に比べて 激しい
そのため値段の高いものは使えない
遊漁船のお客様の高そうなタックルを見ては 恨めしそうに見ていますよ。。。。

それでも似たようなタックルを使いたいのも事実

ならば。。。。
中古良品  道具を探しましょう

多少の壊れは大丈夫 仕事柄 部品作りはお手の物
金属加工 プラスチック加工 研磨 
入れ歯を作る道具は家にすべてありますので
ほとんどものは加工 修理は出来るのです

メインのサイトは
タックルベリーのウエブサイトとヤフーオークション それと ヤフーのショップ

ほとんどこれらのサイトで購入しています



上のタックル 小さいリールのものは  寝魚 真鯛などのタックル

下のものは深場のタックル電動リール仕様






根魚用は
タックルベリーで購入
下が購入価格


この竿は190cmほど カサゴ釣りには丁度良い硬さです
さすがにシマノの竿ですので 作りがしっかりしていますね
多小やわらかめですが 腰が強いので しっかり魚を浮かせれます
私には最高のロッドです









深場用のロッドはヤフーオークションで購入
北海道で有名なKPYというメーカーです
中国製ですが 物は国産メーカーと五分 
ほとんど新品で
送料1000円
4400円で手に入りました






リールもタックルベリー
電動リールは高いですが この電動リールは手持ちが出来ます
古い機種ですが
回転速度がレバーで調整できて使いやすいです
主に メバルの数釣りで使用していますが
針20本に大物メバルすべて掛かっても巻き上げます









ダイワのカウンター付き小型ベイトリール
お客さんが 
ダイワの紅牙のロッドとリール
借りるととても良い。。しかし 値段を聞くと私には無理
ならば探しましょう
。。。。。。

見つけました
イッツICV150 左ハンドル

これは使いやすい 中古ですが状態も良く
新品価格の半分くらいで手に入りました
















リールのコメントには液晶が見えないとの事でしたが
実際は角度の見方で見えにくいだけでした
どこも異常はなく 本来ならば10000円以上の品でした


電動リールのタックルは ロッドとリールで1万円でお釣りがきます
ラインも中国PE3号300m 1200enn と下糸で対応
バッテリーも車からはずした中古を充電して使用
かなりリーズナブルな タックルですよ
 
水深60mを超えると手巻きでは時間が掛かるので 1万円タックルはお勧めです




中古商品を買うときの秘訣は コメントを鵜呑みにしないで
画像をしっかり見ること 多少の傷も大げさに書いてあります

コツは 商品のきれいさと リールに書いてある文字のはがれ
きれいなリールは持ち主が大事に使っているか 数多く使っていない

傷の多いものは数多く使っているので消耗どが高い

リールの文字や塗装が消えているものはリールが綺麗でも
数多く使っていることが多く 内部のベアリングなど減っているかも

ロッドはガイドの付け根を見ると茶色に変色しているものは年数が立っています
竿自体のカーボン繊維が切れていて 実際の硬さより柔らかくなっている可能性が高い
実際 欲しい硬さより1ランク上の固さを購入することをお勧めします

掘り出し物は ガイドが壊れているものチャンスです ガイドは安く購入できるので
自分で間単に付け替えられます


下の竿は 
深海釣りの竿ですが
定価は3万くらいのものです

掘り出し物で出ていて 
理由はガイドの壊れでした
後は異常はなく
すぐに購入

致命傷になるような部分がないのであれば 買いですね

買ってはいけないものは 竿が折れているものと 錆が多いもの
竿で錆が強いものは年数が立っていたり悪い材質を使っている可能性が高い
リスクが多いです
竿折れはトップガイド1cm~5cmなら何とか簡単に直せますが
これ以上長いと バランスが崩れてだめですね

中間の折れは一般人は手を出さない方が良いですね
私は道具があるので直せますが
結構難しいですよ
仕事場には何十年分の 壊れたロッドの切れ端が一杯あるので
これを使って 直しますが
たまに 竿の内部に針金を入れて直す人が居ますが
針金は弾力がないのとプラスチックにくっつきません
曲がりがおかしくなるのと何回か使うと折れます

竿の内部にぴたっと合わる 竿を入れて接着剤で固定
外側にも薄い竿をかぶせて 固定
これでも折れることがあるので
最後に折れた部分を極細の糸で巻きます そして塗装
最後に エポシキ接着剤でコーティング

大変ですが
直せれば 高額なロッドも 数千円で手に入ります






ちょっと我慢すれば 1万円で こんなタックルをそろえることが出来ます
後は まめに サイトを見て掘り出し物を見つけることですね









10/7 漁船 調査釣行


先日の台風後の調査釣行ですよ

海が荒れると以前まで釣れたポイントが変わります
遊漁船をやっていると お客様を釣れるポイントに連れて行くのが仕事
出航してからポイントを探していては 朝一のベストタイムを逃がしてしまいます
お客様は釣れなくても こんな時もありますよ・・・やさしいですが
この言葉は船長の心に突き刺さります
釣れない時が何回も続くと お客さんが離れてしまいます

常に心がけているのは
本命が釣れなくても これなら確実に釣れる
私にとっての心の支え
「カサゴ様」
お土産を確実に渡せる魚
サイズはそれほど大きくないので
引き味ははっきり言って・・ありません
しかし 釣り人が魅了されるには わけがあります
腕の差がはっきり現れます
まぐれは存在しません
数多く釣るには カサゴにあった タックルが必要になります
タックルが合っていなければ
恐ろしいことが起きますね

ここ青森県 西海岸で行われている船釣りは
大きく分けて
真鯛釣り
青物釣り
深海釣り
マグロ釣り

こんな感じです

この中で 人気があり釣り人口が多いのは 真鯛釣り
現在の真鯛釣りは タイラバ・ 一つテンヤ ・ ジギング ・餌釣り
この4種類の釣り方で攻めます

この中で多いのがタイラバ
この釣り方は 船長が反応を探して そのポイントを 流す 立てる
これらの方法で釣りますね

海底の根は関係なく 砂地でも釣れます

そのため 海底の根掛かりは関係なく
タイラバをゆっくり巻いてくるだけ 
極端に言えば電動リールでゆっくりまいてくれば
釣れるのも事実です

しかし カサゴ釣りは
海底の岩礁の穴に潜んでいるカサゴを穴から引き出して
食わせる釣りです

カサゴは穴から飛び出しても1m四方
これから外れると穴に戻ります

そのため まずは穴から引き出すための仕掛けのアクション
仕掛けが落下してくる時に食わせる 落下速度の遅いものが必要になります
しかし 遅ければ食うわけではありません
落下時の仕掛けの動きが鍵を握ります

カサゴが穴から飛び出して 食いつく 
合わせる
ヒット!

これだけです
しかし ロッドが合わないと 穴に入られてしまいます
穴に入るとカサゴは すべての棘を立てて穴にしがみつきます
こうなれば 穴からは出てきません
ラインが切れて終わり

魚の引き味は引くこともなく 重いだけ
こんな魚です

半日近く ロッドを振るので ロッドの条件は
軽いもの 長さも短いもの 
細身のロッドで 竿先の反応が良く 胴の腰が強いもの

何故か・・・

当たりは小さくシビアな反応がでます
これを捕らえる感度の良い竿先
ヒット時の穴から離す力のある 腰のある胴

こんな竿が求められます

リールのお勧めは 左手巻きの小型べートリール
海底の起伏は常時変わります
常に底を捉えていなければなりません
そのため ワンプッシュでラインが出るリールが必要です

利き手でロッドを持つほうが 微妙なアクションと合わせが出来るので
リールは利き手の逆のハンドルが理想です





明け方 寒くなりました 今日は10度ほど
5時過ぎ出航

南東の風がやや強いですが釣り日和

先日のポイントから攻めて見ますが
一向に食いません

シケ後の兆候です
これがあるから 頻繁にポイント探しをしなければいけないのです

カサゴは 潮周り 水温でポイントが変わります
魚は居るはずですが
食いが立つポイントがあるのです

移動してめぼしいポイントを探しますが 
一向に食いません

普段やらないポイントに移動
ここは 小ぶりながら 食いがあります
何とか数を稼ぎます

ポイントもわかったので
早いですが 10時終了しました