2021年5月5日水曜日

5/5 遊漁船 カサゴが本番

今日は久しぶりの釣り日和

予約が入っていません。。。

前日 午後 秋田 藤島さんから乗船連絡

久しぶりに 2人で行くことに

釣りプランは

朝一番で カレイとマゾイポイントで

どちらも狙う

これが今一ならば

浅場のカサゴのテスト


朝4時 出航しました

まずは深場のカレイ釣り

しかし 東風が強いのと

潮が早い

水深50mで ラインが100m出る始末

電動リールなので

巻き上げのストレスは無いのですが

藤島さんにカレイ一枚

私にカレイ一枚

深場は釣りになりません

あっちこっち

移動しますが

水深30m超えると 潮が早く

釣りにならない

早めに 浅場のカサゴやりますか。。。


さてカサゴは釣れますか

まずは ちょっと深場のカサゴを狙いますが

いまいち

段々水深を浅くして

盛期の水深で釣り始めると

掛かりだしました

やはり カサゴは面白い

藤島さんと バトル

ほとんど同数対決

今日釣った魚は

多分 同点に近いでしょう

私が釣ると すぐに藤島さんも掛ける

そして10時過ぎ

微妙にカサゴの食いが悪くなりました

前に食いが悪くなった時に

桜庭さんの奥様が

怒涛の10連荘

その時にピンクのオバルを使っていたことを

思い出して

ピンクオバルをキャスト

ここから入れ食い

藤島さんが首をかしげています

オバルの色は大事ですよ

釣れない時は

色の違いを試してみることが大事

深場はあっちこっち動きましたが

潮が早すぎて釣りにならず

カレイは 朝の2匹で終了

12時終了しました

カサゴは本番ですね

深場も潮が緩めば 大マゾイ ミズクサカレイ 真鯛 ヒラメなど

釣れると思います

写真は2人分です

画像は無いですが今日も私はタコを釣りました

先日と同じくらいの2kgサイズです

私は ミズクサカレイとホッケお持ち帰り

タコと残りの魚は藤島さんにプレゼント

居酒屋で使う予定です 






2021年5月2日日曜日

5/2 悪天候 遊漁中止2日目

 昨日今日と2日連続 遊漁船中止となりました

昨日のお客さんには ご迷惑おかけしました

いつも参考にしている天気JP

これが高確率で当たるのですが

昨日天気は 全く当たらない

前日 夕方まで悩み 本来出航は朝4時なのですが

ラインで連絡 6時出航に変更

夕方から 定期的にライブカメラと現在の風向き 強さを

チェック。。。

しかし 天気予報がことごとく外れます

12時を過ぎても 風が収まらない

ライブカメラで鯵ヶ沢沖を見てもかなりの波

そして朝4時 中止を決定

ラインで連絡 快く承諾してくれました

ありがとうございました


 この後 海の様子を見に行くと

違う遊漁船のお客さんたちの車が10台以上並んで 出航を待っていますが

さすがにこの波では無理です

一度帰ってから 7時頃船に行くと

お客さんが 出航を待っていましたね

さすがに現場に来てから お客さんに中止と言うのも無理ですので

波が落ちるのを待ってモラッテいるのでしょう

確かに波は落ちるとは思いますが 予想では沖に出れるのは8時過ぎころから

ただこの時点でも 波は結構ありますから

仲間の遊漁船は中止にしていました

漁師の判断は中止なのに 私たちより小さい船で遊漁船が出航

どんなものでしょうか これでトラブルが出れば まずは漁協に連絡が来て

漁師が救助 捜索を始めます これでだめなら 保安庁が来ます

皆さん どう考えるでしょう 確かにお金は欲しいでしょう

しかし 安全とどちらが大事なのでしょうか

深浦町では 遊漁船の漁港係留を全面禁止にしましたね

遊漁船のモラルがこの事態を引き起こしたのです

遊漁をやる以上 安全係数を高く持つことが私は大事と考えます

11時頃漁港に行くと 漁師仲間が波が落ちてから

沖に出て スズキの90cmを釣って来ました

タイラバに食いついたようです


とても良いスズキでした



先日 藤島さんと これからの釣りの話をして
どんどん深場に向かう傾向があるので
ミニボートの原点をもう一度考え直してみましょうか
そんな話をしました
深さは25m以内
15m以内には 誰も手を付けていない
ポイントがたくさんある
根が荒ければ漁師も網を刺さない
しかし 
浅場は船の影が映る
真下の釣りではなく
キャストして釣るしかない
これからの季節
浅場には大物黒メバルがワンサカ居る
これを釣りましょう
仕掛けは 軽い10g以下の ミニジグ
ワーム
小さいタイラバ
オバルの軽いやつ
色々あります

そんなことで
タックルは。。。。
ありました昨年手に入れた
ジャンク1980円
メジャークラフト トリプルクロス
これにスピニングを付けて
細いラインで攻める
スピニングリールが無い
久しぶりにタックルベリー オンラインショップで
探す
ネットの評判も良かった
ダイワ 15年レブロス2506に決定
20年レブロスもあるのですが
こちらのボディーがカーボン製のようで
15年はアルミ
確か軽くなったようですが
剛性が落ちてリールが震えるとの書き込み
リールの重さとロッドのバランスは
リールシートの付け根に
重心があると
リールが重くても軽く感じます
リールが軽ければロッドが長いと重心が竿側に
行き
重く感じるものです
要は タックルのバランスが大事

下の画像は紐で吊り下げていますが
若干 重心が竿側です
どうしてもロッドのバット部分短いので
仕方ありません
このリールで270g
20レブロス2056LTは220g
50g違います
20年レブロスを取り付ければ
重心はもっと竿先がらに移動します
実質 リールは軽くなったのに
重く感じる
ロット自体短いのに変えれば
良いかもしれませんが
キャスト主体であれば
やはり7~8フィートはほしいですね

リールは1日で届き
ほとんど新品に近い 値段は3400円送料800円
ラインは持っていた0.8号PEを巻きました

今までアブのリールがほとんどでしたが
最後にダイワのリールを買ったのは
クロダイ用のリールが最後40年ほど前で
そのあとはシマノとアブ
ダイワのリールもまずまず良いですね
このリールベアリングは5個ですが
ラインローラーに追加で
ベアリングが付けれるようで
別に ネットでベアリングも買いました
送料込み880円
トータルで5000円ならば良い買いもでした

連休中の予報では
5/5が可能性があります
予約なしですので
いかがでしょうか